係数表や速算表、各種統計データなどFP(エフピー)に役立つ情報を掲載しています。

退職所得控除額の速算表

退職所得控除額は、退職金等の支給を受けた会社での勤続年数に応じて、以下の速算表(出典 国税庁HP)を使い計算します。

退職所得控除額の速算表

勤続年数 退職所得控除額
20年以下 勤続年数×40万円
(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超 (勤続年数-20年)×70万円+800万円

注1:勤務年数に1年未満の端数がある場合には、これを1年として計算します。
注2:障害者になったことが直接の原因で退職した場合は、上記の方法により計算した額に、100万円を加えた金額となります。

<計算例>

  1. 勤続年数が10年2か月の人の場合の退職所得控除額
    (端数の2か月は1年に切り上げ、勤続年数は11年になります)
    11年×40万円=440万円
  2. 勤続年数が30年の人の場合の退職所得控除額
    (30年-20年)×70万円+800万円=1,500万円



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © FP(エフピー)資料館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.