係数表や速算表、各種統計データなどFP(エフピー)に役立つ情報を掲載しています。

学資保険の契約者を父親にしたほうがよい理由

学資保険は、生命保険の中で唯一「契約者」の健康状態を告知します。

その理由は、学資保険は契約者が死亡したり高度障害となったときに、その後の保険料の支払いが免除されるからです。

保険料の支払いが免除されても、お祝い金や満期保険金(満期祝金)は、保険料の支払いを続けた場合と同じように、支払われます。

育英資金(年金や一時金)を受け取れる学資保険もあります。

したがって、学資保険は生計の主体者である父親を契約者とし、父親に万一のことが起こった場合でも、その後の保険料を免除してもらい、お祝い金や満期保険金で子どもの進学費用を準備できるようにしておくことをおすすめします。

母親が契約者になっているケースも散見されますが、その場合は父親に万一のことが起こっても保険料が免除されないので、契約者である母親は保険料の支払いを続けなければなりません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © FP(エフピー)資料館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.