係数表や速算表、各種統計データなどFP(エフピー)に役立つ情報を掲載しています。

損保系の医療保険

損害保険会社医療保険には、生命保険会社の医療保険とは異なるタイプのものがあります。

損害保険は損害を回復するための費用(実費)を補償する仕組みになっていることから、医療保険も実費(実際にかかった費用)を補償するタイプがあります。

生命保険会社の医療保険は、入院給付金が日額5,000円や10,000円というように契約するときに決めた金額(定額)を給付する仕組みになっています。

例えば、病気やけがで10日間入院した場合、生命保険会社の医療保険では治療費に関係なく5万円(日額5,000円×10日)とか10万円(日額10,000円×10日)の入院給付金が支払われます。

一方、実費を補償する損害保険会社医療保険では、実際にかかった費用が補償されます。

また、入院や通院の際に窓口で支払った医療費(自己負担額)や保険金の請求に必要な診断書代などの他に、差額ベッド代や義手・義足の購入費用なども補償する医療保険もあります。

この実費を補償する損害保険会社医療保険は、保険期間が5年または10年の更新型となっていて、終身型は発売されていないようです。

現在医療保険を販売している損害保険会社は10社程度で、販売されている医療保険は20程度です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © FP(エフピー)資料館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.