係数表や速算表、各種統計データなどFP(エフピー)に役立つ情報を掲載しています。

手術給付金は入院しなくても支払われます

生命保険の手術給付金は、入院をしないで手術だけを受けた場合でも、受け取ることができます。

手術給付金は、入院をして手術を受けた場合に対象になると誤解している方が多いです。

手術給付金がいくら支払われるかは約款に定められていて、一般の入院特約では入院日額の10倍、20倍、40倍のいずれかとなるケースが多いです。

例えば、生命保険に付加している疾病入院特約が10,000円の場合、手術の種類に応じて

・10,000円×10倍=100,000円
・10,000円×20倍=200,000円
・10,000円×40倍=400,000円

のいずれかの手術給付金が、支払われます。

なお、すべての手術に対して手術給付金が支払われるわけではありませんので、手術給付金が支払われる手術に該当するのかどうかは、約款もしくは生命保険会社に確認したほうが良いと思います。

また、最近の医療保険では手術給付金がいくら支払われるかは、医療保険ごとに様々ですので約款等で確認してください。

過去に、入院をしないで手術だけを受けたことがあるという方も、過去にさかのぼって請求できる場合がありますので、保険会社に問い合わせてみてください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © FP(エフピー)資料館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.