係数表や速算表、各種統計データなどFP(エフピー)に役立つ情報を掲載しています。

フラット35の金利の推移

住宅金融支援機構の長期固定住宅ローン「フラット 35」の金利の推移です。

金利は、取扱金融機関や借入期間(20 年以下、21 年以上 35 年以下)によって異なります。

平成15年10月から平成25年11月までの11年間の各年の金利の最高と最低の推移です。

金利は、平成16年に最高の4.5%を記録した後は低下傾向にあり、平成25年には借入期間20年以下で1.49%、借入期間21年以上35年以下で1.8%と過去最低を記録しています。

なお、平成19年9月までは借入期間により金利の相違はなく、平成19年10月以降の借入より借入期間別の金利が設定されるようになりました。

借入期間 20年以下 21年以上35年以下
最低 最高 最低 最高
平成15年 2.890 4.050 2.890 4.050
平成16年 2.230 4.500 2.230 4.500
平成17年 2.150 3.660 2.150 3.660
平成18年 2.461 4.000 2.461 4.000
平成19年 2.510 3.400 2.700 3.560
平成20年 2.400 3.720 2.640 4.000
平成21年 2.400 3.770 2.600 4.020
平成22年 1.870 3.410 2.060 3.600
平成23年 1.890 3.260 2.180 3.580
平成24年 1.530 3.200 1.810 3.200
平成25年 1.490 2.690 1.800 3.000

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © FP(エフピー)資料館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.