係数表や速算表、各種統計データなどFP(エフピー)に役立つ情報を掲載しています。

FPの6分野

FP(ファイナンシャル・プランニング)を学ぶことにより、ライフプランニングと資金計画、リスク管理(保険)、金融資産運用、タックスプランニング(税金)、不動産、相続・事業承継の6分野についての知識を身につけることができます。


(1)ライフプランニングと資金計画

キャッシュフロー表の作成方法や、健康保険や公的年金などの社会保険の仕組みを学ぶことにより、高額療養費(入院・治療費の1ヶ月の上限)傷病手当金などの病気やけがで入院した時の公的な保障や、将来受け取る年金などについて理解することができます。

(2)リスク管理

東日本大震災後に地震保険に加入する方が増えましたが、様々な生活上のリスクに対してあらかじめ準備しておくことは、いざと言うときにあわてなくて済みます。

健康保険や公的年金などの社会保険で必要最低限の保障は準備されているとはいえ、社会保険で保障されないものや足りないものもあります。

自分に足りない保障を準備する場合に欠かせない生命保険や損害保険の知識のみならず、保険証券や約款の見方なども学ぶことができるので、自分で保険の見直しなどもできるようになります。

(3)金融資産運用

銀行に預金していても利息がほとんどつかない現状において、貯蓄から投資へというムードに流され、金融商品の内容やリスクなどをよく理解せずに購入した結果大切な資産を失ってしまい、預金をしておいたほうが良かったなどと後で悔やむことのないように、自分の目で金融商品を選別できるようになるための知識を学ぶことができます。

(4)タックスプランニング

個人の収入に係る所得税、法人の所得に係る法人税、日常の消費活動に係る消費税、不動産を所有することにより生じる固定資産税など、税金は日常の生活のあらゆる場面で関係してきます。

税金についてきちんと学ぶことにより、税金を収めなくてもよいケースや収めた税金が返還されるケースなども知ることができ、ただ機械的に徴集されているという受動的な対応ではなく、賢く納税する知識を身につけることができます。

(5)不動産

不動産関連の法律や税制などについて学ぶことことにより、住宅の賃貸契約や購入契約をする際に役に立ちます。

また、英語で不動産はRealEstate(真の資産)と言いますが、資産として土地の有効活用の方法や不動産の価格評価、投資分析などの方法を学ぶこともできます。

(6)相続・事業承継

相続・事業承継では、贈与税や相続税、遺言、自社株の評価等について学ぶことにより、相続時精算課税制度や住宅取得資金の贈与など計画的に親から子へ財産の移転をする方法についての知識を身につけることができるようになります。

また、事業を行っている方が、スムーズに後継者の方へ事業を引き継ぐための知識も学ぶことができます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © FP(エフピー)資料館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.