主な生活習慣病の平均在院日数です。(出典:厚生労働省「患者調査の概況」)

生活習慣病とは、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称です。

最も入院日数が長くなる脳血管疾患(脳卒中など)でも、2008年に比べ平均入院日数は104.7日から78.2日と短くなっていることがわかります。

主な生活習慣病の平均在院日数