子供の教育費(平成26年度)

子供の教育費に関する平成26年度のデータです。

文部科学省が発表した「子供の学習費調査」(平成26年度)より引用しています。

文部科学省は、「子供の学習費調査」を平成6年度より隔年で実施しています。

<調査項目>

区分 費用の範囲
教育費 子供に学校教育を受けさせるために支出した経費(授業料,入学金,学用品費,通学用品費など)
給食費 幼稚園,小学校,中学校において,保護者が給食費として学校に納付した経費
学校外活動費 保護者が,子供の学校外活動のために支出した経費
補助学習費 各家庭での学習机や参考書等の購入費,家庭教師,通信添削等の通信教育,学習塾へ通うために支出した経費等
その他の学校外活動費 けいこごとや学習活動,スポーツ,文化活動等に要した経費等
世帯の年収 世帯全体の1年間の収入(平成26年1月~12月(税込み))

1.教育費の内訳別推移

公立と私立に分けて教育費の総額と内訳(「学校教育費」、「学校給食費」、「学校外活動費」)の平成16年から平成26年の推移をグラフ化したデータです。

公立では、幼稚園を除く小学校、中学校、高校で前回調査(平成24年)より増加しています。

私立では、幼稚園から高校のすべてで前回調査(平成24年)より増加しています。

(1)幼稚園

教育費の推移(グラフの説明)

教育費の推移(公立幼稚園)

教育費の推移(私立幼稚園)

(2)小学校

教育費の推移(グラフの説明)

教育費の推移(公立小学校)

教育費の推移(私立小学校)

(3)中学校

教育費の推移(グラフの説明)

教育費の推移(公立中学校)

教育費の推移(私立中学校)

(4)高校

教育費の推移(グラフの説明)

教育費の推移(公立高校)

教育費の推移(私立高校)

2.公立と私立の教育費の比較

教育費の総額と教育費の内訳(「学校教育費」、「学校給食費」、「学校外活動費」)について、公立を「1」とした場合に私立が何倍になるかを表にしています。

私立の教育費は、公立に対して、幼稚園で2.2倍、小学校では4.8倍、中学校では2.8倍、高校では2.4倍となっています。

(1)幼稚園

区分 幼稚園
公立 私立
学習費総額 222,264円 498,008円
公立を1とした私立の比率 1 2.2
うち学校教育費 119,175円 319,619円
構成比 53.6% 64.2%
公立を1とした私立の比率 1 2.7
うち学校給食費 19,382円 36,836円
構成比 8.7% 7.4%
公立を1とした私立の比率 1 1.9
うち学校外活動費 83,707円 141,553円
構成比 37.7% 28.4%
公立を1とした私立の比率 1 1.7

(2)小学校

区分 小学校
公立 私立
学習費総額 321,708円 1,535,789円
公立を1とした私立の比率 1 4.8
うち学校教育費 59,228円 885,639円
構成比 18.4% 57.7%
公立を1とした私立の比率 1 15.0
うち学校給食費 43,176円 46,089円
構成比 13.4% 3.0%
公立を1とした私立の比率 1 1.1
うち学校外活動費 219,304円 604,061円
構成比 68.2% 39.3%
公立を1とした私立の比率 1 2.8

(3)中学校

区分 中学校
公立 私立
学習費総額 481,841円 1,338,623円
公立を1とした私立の比率 1 2.8
うち学校教育費 128,964円 1,022,397円
構成比 26.8% 76.4%
公立を1とした私立の比率 1 7.9
うち学校給食費 38,422円 4,154円
構成比 8.7% 7.4%
公立を1とした私立の比率 1 1.9
うち学校外活動費 314,455円 312,072円
構成比 65.3% 23.3%
公立を1とした私立の比率 1 1.0

(4)高校

区分 高校
公立 私立
学習費総額 409,979円 995,295円
公立を1とした私立の比率 1 2.4
うち学校教育費 242,692円 740,144円
構成比 59.2% 74.4%
公立を1とした私立の比率 1 3.0
うち学校外活動費 167,287円 255,151円
構成比 40.8% 25.6%
公立を1とした私立の比率 1 1.5

(参考)私立の割合

学校数と幼児・児童・生徒数に占める私立の割合(平成26年度)です。

  • 幼稚園 ( 学校数:63.1% 園児数:82.7% )
  • 小学校 ( 学校数:1.1% 児童数:1.2% )
  • 中学校 ( 学校数:7.4% 生徒数:7.0% )
  • 高校 ( 学校数:27.5% 生徒数:32.0% )
    (出典)文部科学省「平成26年度学校基本調査報告

3.学校外活動費の学年別の状況

「学校外活動費」を学年別にみると、公立では中学3年の約43万5千円が、私立では小学6年の約74万円が最も多くなっています。

「補助学習費」と「その他の学校外活動費」の割合をみると、公立では小学6年以降において、私立では小学5年以降において「補助学習費」の割合が「その他の学校外活動費」の割合を上回っています。

*1 「補助学習費」とは,家庭での学習に使用する物品・図書の購入費、家庭教師費、学習塾費等の支出です。
*2 「その他の学校外活動費」とは、体験活動や習い事(ピアノ,水泳,習字等)等のための支出であり、用具の購入費等を含みます。

公立

学年別補助学習費(公立)

私立

学年別補助学習費(私立)

4.幼稚園から高校卒業までの教育費総額

幼稚園入園から高校卒業までの15年間について、各学年の「学習費総額」を単純合計すると、すべて公立に通った場合では約523万円(前回調査結果は約500万円)、すべて私立に通った場合では約1,770万円(同約1,677万円)です。

すべて私立に通った場合は、すべて公立に通った場合の約3.38倍(同3.36倍)になります。

幼稚園から高校までの15年間の学習費総額

(参考)大学の1年間の学費

国立:673,700 円
公立:682,100 円
私立:1,319,700 円

授業料、その他の学校納付金、就学費、課外活動費、通学費の合計。
(出典)独立行政法人日本学生支援機構 「平成24年度学生生活調査」

5.年収別の補助学習費

世帯の年収別にみた「補助学習費」は、世帯の年収が増加すると、増加する傾向がみられます。

公立では中学校での支出が多く、私立では小学校での支出が多く、また年収が増加するほど高校での支出が多い傾向がみられます。

公立

年収別の補助学習費(公立)

私立

年収別の補助補助費(私立)