二人以上の勤労者世帯の平均消費性向及び黒字率の推移(2018年)

二人以上の勤労者世帯の平均消費性向及び黒字率の推移です。(出典:総務省統計局の「家計調査(家計収支編)」時系列データより)

平均消費性向とは、可処分所得に対する消費支出(商品やサービスを購入する費用、いわゆる生活費)の割合です。

グラフは、1988年から2018年までの30年間の推移を表し、表は5年間隔で数値を記しています。

平均消費性向及び黒字率の推移(二人以上の勤労者世帯)

平均消費性向
平均消費性向 黒字率
1988年75.7%24.3%
1993年74.3%25.7%
1998年71.3%28.7%
2003年74.1%25.9%
2008年73.4%26.6%
2013年74.9%25.1%
2018年69.3%30.7%

※平均消費性向(%)=(消費支出÷可処分所得)×100
※黒字率(%)=(黒字÷可処分所得)×100